Archives

Profile







アメリシウム と キュリウム   (プルトニウムが有れば作れるよ!)

0

    アメリシウム (americium)

    【記号】 Am
    【原子番号】 95
    【最長寿命同位体の質量数】 243
    【その半減期】 7380(年)
    【比重】 13.67
    【融点】 994±4℃

    放射性の金属元素でアクチノイドの一員。
    1945年シーボーグとそのグループが、ウラン-238にα粒子を照射した核反応生成物の中から発見した。
    (講談社 新・化学用語小事典 P38 より一部引用)

    プルトニウム-241がベータ崩壊して生成される、人工的に作られた放射性物質で、
    自然界には存在せず、過去の核実験の放射性生成物が確認できるのみ。



    キュリウム (curium)

    【記号】 Cm
    【原子番号】 96
    【最長寿命同位体の質量数】 247
    【その半減期】 1640万(年)
    【比重】 13.51
    【融点】 1340±40℃

    1944年シーボーグにより発見されるが、確認、同定は多大な困難を極めた。
    1947年になってウェルナーパールマンがアメリシウム-241を中性子照射する事によって、
    初めて確認できるほどの量のキュリウムを得た。
    (講談社 新・化学用語小事典 P187-188 より一部引用)

    自然界には存在せず、実験装置などで人工的に生成される。
    プルトニウムにα粒子を照射する事で合成される超ウラン元素
    超ウラン元素とは、ウランの原子番号92以降の人工的にしか生成されない元素のことを言う。

    一番半減期の長いキュリウム2471640万年(書物により100年前後のズレあり)
    反応時一番生成されるキュリウム244の半減期は18.1年

    半減期を向えると崩壊し、プルトニウムになる。

    プルトニウムを燃料として使う原子炉内でも生成され、プルトニウムよりも長期期間影響力を持つ。
    自然界で確認する事は困難で、核実験により生成する量も少ないと言われている。
    検出した段階で脅威といえる物質


    今日はこの二つの名前を久しぶりに聞いたので、初心に戻りメモ代わりにまとめた。
    でも、今回の前に聞いたのが2ヶ月くらい前だったような気がする・・・


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック