Archives

Profile



神田明神に初詣 (多くの人が参拝に来ていました)

0
     
    今年は神田明神に初詣しようと、

    23時神田明神に到着

    既に多くの人が並んでいました。

    130101 009_edited-1.jpg


    でも、特に急いでいないので周辺を散策

    鳥居近くにはお神輿がライトアップされていました。

    130101 010_edited-1.jpg


    この段階では列は2列ぐらいでしたが、

    この後5列に詰められました。

    130101 011_edited-1.jpg


    出店は活気良い声と、美味しそうな匂いで誘惑してきます。

    130101 013_edited-1.jpg


    これは北海道焼きで、大きな肉が入っていました。

    130101 022_edited-1.jpg


    130101 023_edited-1.jpg


    門はまだ開いていたので、境内も散策

    ちなみに年越し前には一度門が閉められます。

    130101 021_edited-1.jpg


    境内は年越しの準備で慌ただしい感じで、

    多くの人が小走りしていました。

    ちなみに初詣以外の参拝はまだ可能でした。

    130101 014_edited-1.jpg


    毎年見る獅子舞のおみくじ自販機

    面白いが、有難み的にはどうなのか?

    と思うけど、なぜか買ってしまう。

    130101 018_edited-1.jpg


    という事で、警察も配備が始まったので、

    列に並ぶことに・・・

    130101 019_edited-1.jpg


    そして、0時になると並んでいる人から拍手が湧き上がり、

    一気に人が境内になだれ込みます。

    130101 029_edited-1.jpg


    新年5分後にはこんな感じ

    130101 032_edited-1.jpg


    そして10分後にはこんな感じ

    130101 036_edited-1.jpg


    境内に入ったところでは、神楽が演奏されていました。

    130101 031_edited-1.jpg


    この段階で、新年キタ!という気持ちになりました。

    130101 043_edited-1.jpg


    雅楽の楽器はシンプルで綺麗です。

    130101 060_edited-1.jpg


    ちなみに、御札やお守りは物凄い種類があります。

    どれを買ったら良いか迷ってしまいました。

    130101 033_edited-1.jpg


    130101 034_edited-1.jpg


    そして無事初詣の参拝も済んで振り返ると・・・

    130101 037_edited-1.jpg


    更に人が増えていました。

    この段階で新年20分くらいです。

    130101 038_edited-1.jpg


    目的を果たしたので、後はまた散策


    神馬の明(あかり)ちゃんは、とても眠そうでした。

    130101 042_edited-1.jpg


    振舞のお神酒をいただき体温回復!

    130101 045_edited-1.jpg


    神殿横では、餅つきが行われていて、

    130101 053_edited-1.jpg


    一般の方も参加できるみたいでした。

    130101 054_edited-1.jpg


    そして出来た餅は、参拝者に振舞われました。

    130101 056_edited-1.jpg


    あんこ・大根おろし・きなこを絡めた出来立ての餅は、

    とても美味しかったです!

    130101 059_edited-1.jpg


    そして新年30分の頃には、

    境内は人で満たされていました。

    130101 061_edited-1.jpg


    それでも外に出ると、多くの人が初詣に並んでいました。

    130101 063_edited-1.jpg


    さすが東京の総鎮守という感じです。

    130101 065_edited-1.jpg


    一年の計は元旦にあり!

    という事で、良いスタートが切れたのではないかな?

    と思いながら、神田明神の初詣の報告でした!



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック