Archives

Profile







ヘリコバクター・ピロリ   (またの名はピロリ菌)

0

    慢性胃炎で胃が痛い毎日を送っているわけですが、そうなって来るとやはり気に成るのがヘリコバクター!
    今日は「ヘリコバクター・ピロリ」について書きます。



    ヘリコバクター・ピロリとは 

    1982年にオーストラリアで発見された胃の中に生息する菌で、感染経路ははっきり解明されていない。



    名前の意味

    ヘリコ:ラテン語の「らせん」から (形がらせん状なので)

    バクター:ラテン語の「細菌」から (カンピロバクターのバクターも同じ)

    ピロリ:ラテン語の「幽門」から  (最初に菌を分離確認できた胃の場所)




    胃のどこに居て、なぜ消化されないのか?

    胃は細胞を粘膜と粘液で覆い、胃液で自らを消化しない様に守っている。
    ヘリコバクター・ピロリは、その粘液の下の胃壁細胞に入り込み胃液による消化を避けつつ、
    自らも尿素を分解してアンモニアを作り、周辺を中和して自らを守っている。



    人体にどのような悪影響があるか?

    ヘリコバクター・ピロリは胃壁細胞に取り付くと、毒素を生成し細胞を攻撃し始めます。
    それに白血球が対抗する事で胃壁細胞周辺で炎症が起き、胃粘膜の消耗・炎症=胃炎となる。
    さらに症状が悪化すると、胃や十二指腸の粘膜がえぐられ消化性潰瘍を起こす。



    ヘリコバクター・ピロリに感染した後の経過


    初期段階:胃に感染したヘリコバクター・ピロリが胃の粘膜を荒らし「慢性胃炎」を起こす。

    中期段階:「慢性胃炎」の影響で胃粘膜の防御力が低下、ストレスや刺激の強い(辛い・塩辛い)食事、
           発がん性物質の影響を受けやすくなる。

    後期段階:胃粘膜の損傷、粘膜の萎縮、腸上皮化生により、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こし、
           胃がんに成る事もある。

    実情としては、初期段階と中期段階の間のまま、後期段階に進まない人の方が多い。
            


    ヘリコバクター・ピロリと胃がんの関係

    ヘリコバクター・ピロリに感染すると、胃がんへのリスクは高まる。
    そのリスク率は10年間の追跡調査で、ヘリコバクター・ピロリ陽性例で2.9%(36/1246例)
    ヘリコバクター・ピロリ陰性例では胃がんは確認されていない。(0/280例)

    (Uemura.N.et al,: N.Engi.J.Med.,345.784-789.2001)



    どのような人に多いのか?

    明確な感染経路は確定していないが、経口感染が主な感染経路と考えられている。
    上下水道が整備されていない地域や国での感染率が高いが、先進国の中でも日本は際立って感染率が高い。
    (50歳以上70~80%)
    だたし、衛生状況が改善された今、40代以下の世代での感染率は急激に低下している。



    どのように感染を調べるのか?

    検査方法は内視鏡を使ったものと、使わないものがある。

     ・内視鏡検査(胃カメラ)

       培養法:摂取した細胞を培養し、菌が存在するか確認する。(4〜5日培養)

       迅速ウレアーゼ試験(RUT):摂取した細胞をpH指示薬と尿素を混合した試験液に漬け、
                           菌によるアンモニア生成があるか確認する試験。
                           ウレアーゼ:アンモニアを生成する酵素
       
       鏡検法:摂取した細胞を化学的に染色し、顕微鏡で菌が居るか確認


     ・尿素呼気検査法(現在主流の検査)
       「炭素13−尿素」を服用し、呼気(二酸化炭素量)を調べる検査(30分くらいで結果が出る)
       菌に感染していると、非感染時より呼気に含まれる炭素13が増加する。
     
       炭素13は炭素の同位元素で人体の1.1%を構成する、人体に影響が無い物質。

     ・抗体・抗原測定法   
       血液や尿のヘリコバクター・ピロリに対する抗体や抗原を測定する。



    ヘリコバクター・ピロリ感染への対応

    ヘリコバクター・ピロリは除菌できます。
    胃を保護するための抗潰瘍薬(胃酸の分泌を抑える、プロトンポンプ阻害剤PPI)と、
    2種類の抗生物質を1週間服用する事で、約80%の除菌成功が確認されている。(3~6ヶ月の経過観察は必要)
    失敗した場合は、抗生物質を変えて二次除菌を行う。



    除菌したら症状は無くなる?

    ヘリコバクター・ピロリ陽性患者は、除菌した事で慢性胃炎や消化性潰瘍の発生率が低下することが確認されている。



    以上、ヘリコバクター・ピロリに関してまとめました。
    特に暴飲暴食をしていないのに、胃が常に痛む人は一度検査を受ける事をオススメします。
    慢性胃炎の期間が長いほど、状態が悪くなる確率は上がるそうです。





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック