Archives

Profile







麻酔の事 (安全性と危険性)

0

    麻酔に関して最近説明を聞いたので、その事についてまとめる。



    麻酔の目的

    手術に伴う精神的・身体的なストレスを最小限にする事 → 手術による痛みをとる事が最大目的



    麻酔に求められる効果

    1:鎮痛(痛みをとる)

    2:鎮静・健忘(意識をとる)

    3:筋弛緩(筋肉を柔らかくし、手術を容易にする)

    4:反射の抑制(術中、予測不能な反射反応を抑える)



    麻酔の種類

    麻酔は、意識がない状態にする「全身麻酔」と、意識がある状態の「局所麻酔」がある。

    全身麻酔は上記の「麻酔の効果」が全てが必要な手術の時に用いられる。

    局所麻酔は逆に、術中に患者の反応を見る必要がある手術の時に用いられる。(言語確認や四肢の痛覚など)



    ○全身麻酔

     脳に作用する麻酔薬(吸入麻酔薬・静脈麻酔薬)を使用し、術中意識のない睡眠状態にする。
     
     ・静脈麻酔
     点滴により投与し、数分で意識がなくなる。(1分程度)
     体内の循環機能により分解され排出される。
     肝機能や腎機能が低下している時は、十分な管理の元手の使用が必要。

     ・吸入麻酔
     マスクからガスを吸引し徐々に意識をなくす。 
     体内で分解されず、呼気から排出される。
     肝機能や腎機能が低下していても影響無く使用できる。



    ○局所麻酔
     
     術中に鎮痛などの処理が必要な場所に麻酔を使用し、意識のある状態で手術を行う。
     (患者の希望により、鎮静薬で眠る事が可能な事もある)

     ・局所麻酔
     手術対象周辺の皮膚や粘膜に、麻酔薬を注射または塗布(噴霧)する。(歯科治療時の麻酔など)
     限られた場所の手術に使用するため、麻酔医の監視は不要。
     
     ・抹消神経ブロック
     手術対象部を支配する神経に麻酔薬を注射する。
     術部により「腕神経叢ブロック」や「閉鎖神経ブロック」など様々ある。

     ・脊髄くも膜下麻酔(脊椎麻酔・腰椎麻酔)
     腰に麻酔薬を注射し、下半身の痛みを遮断する。
     脊髄(脳から始まり、背骨の中を通る太い神経)は脊椎の中で液体(脳脊髄液)の中に浮いている。
     脳脊髄液に麻酔薬を注射する事で下半身を麻痺させる。
     使用する麻酔薬が少ないため、胎児の影響を避けたい手術(帝王切開)などに適している。
     術中の追加投与ができないため、短時間の手術に適している。

     ・硬膜外麻酔
     脊髄を覆う硬膜の外側に麻酔薬を注入する。
     胸部や腹部の及び下半身の手術に適している。
     細い管(硬膜外カテーテル)の入れておくことで、麻酔薬の追加投与(量の調整も可能)が出来る。
     術後の痛み軽減のための鎮痛処理にも適している。



    麻酔による合併症

     ・悪性高熱症
      麻酔薬により急激な発熱、筋硬直を起こし死に至ることがある。
      20万例に1例の珍しい合併症で、遺伝的要素が強い。
      家族親族で、過去に麻酔(歯科治療の麻酔含む)により体調を崩した事がある人が居る場合は注意が必要。

     ・アレルギーショック
      麻酔中の薬物によるアレルギー反応により血圧が低下してしまう。
      過去の麻酔(歯科治療時含む)で体調を崩した事が有る場合注意が必要。

     ・気管挿管に伴う合併症
      気管挿入及び挿入時に使用する喉頭鏡により喉を痛めることがある。(歯が傷つく事もある)
      術後に喉の痛みや声のかすれが起こるが、数日から数週間で自然回復する。
      まれに反回神経麻痺により、長い期間声が出難くなったりする事がある。

     ・脊髄麻酔に伴う合併症
      麻酔薬の残存により、足や臀部の痺れ、尿が出難いなどの症状が出る。(残存麻酔が無くなれば自然に回復)
      脳脊髄液の漏れにより、頭痛を起こす事がある。(水分摂取を増やす事で回復する事がほとんど)
      術後長引くようなら検査が必要(想定外での出血による神経圧迫など)
      他にも全脊麻(想定の範囲以外の麻痺)、局所麻酔中毒(投与された麻酔が急速に血中に吸収された状態)
      硬膜外膿瘍(硬膜外腔に感染症を起こす)


    他にも麻酔使用によるモニター処置による合併症も有る。



    麻酔の安全性
     
      元気な患者の全身麻酔による事故は10万〜100万例に1例
      
      同等の安全性
       ・輸血のリスク
       ・大型飛行機による旅行
       ・チャーター便搭乗
       ・鉄道事故
       ・原子力発電所の災害
      などが上げられる。


    以上、最近聞いてきた麻酔の説明をまとめました。


    貰った資料の「麻酔の安全性」に関しての項目には、「原子力発電所の災害」と「鉄道事故」が記載されていますが、
    説明時はその2点にまったく触れないため、説明し難い感じがありました。

    もし説明されても不安になるだけだから、スルーは正解だな。

       


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック