Archives

Profile







秋葉原パセラ昭和通り館に「WORKING!!ルーム」再登場!らしい。 (ほか ミルキィホームズのでかい看板とか)

0
    今日は特に情報もなく、いろいろ目に入った告知や看板を報告!


    まずは、JR飯田橋駅のホーム真正面に設置されたミルキィホームズの看板!

    アニメ版実写版が並んで、かなり目立っていました。

    ミルキィホームズは2012年5月20日(日)に武道館コンサートを行いますよ!

    DSC06202.jpg

    でもって、いつもの秋葉原に着くととらのあなBウインドディスプレイ銀翼のファムに成っていました。

    『ラストエグザイル‐銀翼のファム‐』 Blu-ray&DVD No.01 2012年1月25日(水)発売ですよ!

    DSC06203.jpg

    先日、リニューアルの為閉館したクラブセガ秋葉原は、日が暮れると薄っすら照明がつき・・・
    一際目立つQBの存在感が・・・

    DSC06209.jpg

    シャッターには「改装休業中」の告知が有り、3月に新生クラブセガ秋葉原の誕生を予告しています。

    DSC06206.jpg

    となりの「お知らせ」ではゲームタイトルの移設予定が書かれていました。

    機動戦士ガンダム EXVS.秋葉原ギーゴへ移設

    ブレイブルー コンティニュアム シフト
    アクアパッツァ
    メルティブラッド アクトレスアゲイン
    ギルティギア イグゼクス アクセントコア
    鉄拳タッグトーナメント2
    湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4
    バーチャファイター5 FS
    イニシャルD アーケードステージ6AAクラブセガ秋葉原 新館へ移設らしいですよ!

    DSC06205.jpg

    そして、秋葉原パセラ昭和通り館ではWORKING!!ルーム再登場!」と書かれたのぼりが!

    DSC06219.jpg

    10月に1ヶ月間開催されたWORKING!!コンセプトとしたカラオケルームが、再登場したみたいでよ!

    種島ぽぷらさん

    DSC06213.jpg

    山田葵さん

    DSC06211.jpg

    伊波まひるさん

    DSC06214.jpg

    小鳥遊宗太さん

    DSC06215.jpg

    佐藤潤さん

    DSC06217.jpg

    轟八千代さん

    DSC06216.jpg

    のぼりの反対側を見ると、背丈の違いが判ります。

    種島ぽぷらさんはやはり小さいですな。

    DSC06218.jpg

    と言う事で、いつもの帰宅中の情報収集で見つけた、告知や看板の報告でした!



    「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」の試写会に行って来た! (スティーヴン・スピルバーグ 3年ぶりの新作&初の3D作品)

    0
      今日は「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」の試写会に行ってきました。

      DSC03097.jpg

      DSC03098.jpg

      「タンタンの冒険」とは、1920年代末にベルギーのアーティスト、エルジェが新聞で連載したのが始まりです。

      漫画の絵はこんな感じです。

      DSC03101.jpg

      このキャラクターは見たことが有る人が多いと思います。

      「タンタンの冒険」80言語以上に翻訳され、発行部数は2億3千万部を超えています。

      「タンタン」の職業はレポーター、違和感に気が付く洞察力、謎を解く知力、

      「取材したことあるから」と、いとも簡単に乗り物を操縦してしまう対応力を兼ね備えた主人公です。

      いつも一緒に居る相棒の「スノーウィ」は白いフォックステリア。怖がりだけど、

      いざと言うときタンタンの為に勇敢に行動し、機転を利かせてタンタンを何度も助けています。

      index_il003.jpg

      タンタンのよき理解者で、頼もしい海の男「ハドック船長」は、タンタンと比べて、

      衝動的で短気で駄目な感じですが、情に厚く胸に情熱を秘めタンタンを支える熱い男です。


      dupondetdupont.jpg

      双子に見えるが、赤の他人と言う「デュポン&デュボン」はタンタンに協力してくれるインターポールの刑事。

      ドジな所もあるけど、事件を解決するための情熱はタンタンにも負けません。


      ・スピルバーグ渾身の作品

      そんな「タンタンの冒険」を、スティーヴン・スピルバーグが映画化したのが、「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」です。

      なぜスティーヴン・スピルバーグは「タンタンの冒険」映画化したのか?

      実は、30年前「レイダース/失われたアーク」を公開したとき、

      「この映画はタンタンの冒険をモチーフにしたのか?」

      と言う問い合わせがあり、作品を知らなかったスピルバーグは原作を読み、

      「この作品は絶対に自分の手で映画化しなくては!」と言う思いで準備を進め、

      スピルバーグ自身の「インディ・ジョーンズ・シリーズ」と「ジュラシックパーク・シリーズ」の経験と、

      「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンの映像技術を合わせることで、やっと映像化できた、

      スピルバーグ渾身の作品です。


      ・ストーリー

      タンタンは町の蚤の市で素晴らしい帆船模型を見つけます。

      その帆船模型は、伝説のユニコーン号を精密に再現した模型で、あまりの素晴らしさにタンタンは即決で購入。

      すると、その帆船を狙って謎の男達に襲撃されます。

      そんなことに臆しないタンタンは、特ダネの匂いのする事件の解明に乗り出すのでした・・・



      ・試写会感想

      と言うことで、試写会で見た感想としては・・・・「スピルバーグの本気」と言う作品でした。

      確かにCG使っています。

      でも、CGと現実の区別がつかないと言うか、違和感を感じない美しいCG映像!

      それが「インディ・ジョーンズ」のようにアクションをこなし、見事な「冒険活劇」となっています。

      原作の漫画の雰囲気を大切にしたキャラクターは、見始めの違和感はすぐに消えることでしょう。

      原作の漫画のようなアクション表現がある、「インディ・ジョーンズ」のような冒険アクション映画です!

      「インディ・ジョーンズ」、特に「レイダース/失われたアーク」の雰囲気が好きな人は、

      かなり好感触な映画だと思います!

      また、過激なアクションも無いため子供連れの家族で見ても楽しめる、判りやすい娯楽映画ともいえます。

      スピルバーグ「タンタンの冒険」シリーズをどんどん映画化したいらしです。

      スピルバーグが30年暖めてきた本気、見ないと損するかもしれません!

      「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」12月1日(木)より全国ロードショーです!



      青いバラの花言葉がなぜ「夢かなう」なのか

      0

        花の色を構成している要素は、大きく分けて4つに分類される。


        4大色素

        ・クロロフィル(緑)

        植物が光合成でエネルギーを作るときに必要な葉緑素のこと。
        ほとんどの花がつぼみの時は緑色なのは、他の色素よりクロロフィルの力が強いためで、
        開花し始めた段階で、他の色素が合成されると共に、クロロフィルが分解され色づき始める。


        ・カロチノイド(黄・橙)

        カロチンまたは、キサントフィルのことで黄色から橙色、濃いところは赤に近い色を示す。
        花だけでなく、果実の発色にも関与している。
        水に溶けず、脂肪に溶け、細胞内に多く含まれる色素。


        ・ベタレイン(黄・赤紫)

        ベタシアニン(赤紫)または、ベタキサンチン(黄色)のこと。
        中心子目(なでしこ目)特有の色素で、他の花には無い色素。
        水に溶け易いため、液胞に多く含まれる。


        ・フラボノイド(白・黄・赤・青など種類による)

        アントシアニン(酸性:赤、アルカリ性:青)、フラボン(黄〜白)など色々な色素が属している。
        アントシアニンは赤〜青、水色まで発色できる多彩な色素
        水溶性で、細胞液に溶けた状態で存在する。


        以上の色素のバランスにより、植物の色は構成されている。


        バラは青い色素が作れない

        そんな色素の中で、青色を発色するアントシアニン
        中でも青を強く発するデルフィニジンを、バラは合成できません。

        その為、通常の品種改良では「合成出来無い色素」が発生しないため、
        青いバラを作ることは不可能と言われていました。

        しかし、科学の進歩により青い花のメカニズムが解明され、
        またロザシアニンというバラが合成する色素が、
        青を発色する要素を持っていることが発見されました。


        青いバラは出来る


        研究により「青いバラは出来る」可能性は示されました。

        しかし、実際に青いバラを作るまでの道のりは険しく、
        多くの研究者が挫折と絶望の年月を過ごしました。
        そんな彼らを支えたのが、「青いバラを見たい!」と言う多くの人の願いでした。

        そんな願いと、諦めずに挑戦し続けた研究者の夢が作り上げたバラ、
        それが「青いバラ」なのです。

        これにより、青いバラの花言葉は「不可能・ありえない」から、
        「夢かなう」
        に変わったのです。

        夢に向かって挑戦する人を勇気づけ、夢をかなえた人に喝采を贈るなど、
        大切な人の、大切な局面を応援する花として喜ばれています。

         

        猫のパレットアートを描いてもらった   (「工房 パレットアート」さんに感謝!)

        0
          工房パレットアート」さんにうちのバカ猫「あい」の絵を描いて貰える事になり、
          早速「あい」の画像を送る為に、写真を撮ろうとするが、ピント合わせの赤色ランプを恐れて逃げてしまう始末。

          何とか撮った写真がこれ・・・

          0.jpg

          なんとも不安げな表情の写真でお願いする事にしました。
          (有る意味一番「らしい」表情とも言えるので)


          今回書いて頂けるのはお店の名前にも成っている「パレットアート」です。
          パレットアート」というのは・・・



          パレットアート:油絵用木製丸型パレットにオイルペイントして飾れるようにした物



          写真を送って1日ぐらいでラフデッサンが出来上がります。


          150947442_1[1].jpg

          このラフで出来上がりのイメージを確認する感じです。
          メールでのやり取りでイメージの認識を合わせたら、パレットへの描き込みが始まります。

          まずは下書き、この段階で何だか素敵な物が出来る予感がして、楽しくなってきました。


          150947443_2[1].jpg

          150947444_3[1].jpg

          この段階でもイメージ等をメールで確認し合いながら、製作が進んでいきます。

          完成した下絵下塗りをした段階で、もう普通に飾れるのではないかと言う感じですが、
          まだまだ工程が続きます。

          1.jpg

          中塗りで絵の具を盛り上げ、雰囲気を作っていき、

          2.jpg

          ナイフを使って毛並みのボリュームを表現し、絵肌を付けていきます。

          そして中塗りが完了!

          3.jpg

          「おい、何をしてるんだ?」という感じでいつも我々を見ているときの表情が、
          とても良く表現されていて、家族みんなで笑ってしまいました。

          ちなみに、製作場所の雰囲気はこんな感じです。

          4.jpg

          中塗りの上に毛並みのボリュームを付けてパレットの完成です!

          5.jpg

          この段階でも微調整してもらえますが、まったく問題が無いので絵の具を乾燥させて、
          艶出しなどの保護をして完成です!

          完成後、晴天の中撮って頂いた1枚です。

          150947444_9.jpg

          写真を送ってから10日間、今日手元にパレットが届きました!

          「あい」の表情や毛並みは、本当に感動してしまうもので何度も撫でてしまいました。

          メールでのやり取りで、一番最初に特徴などを聞かれるのですが、その時伝えた事がきちんと表現されており、
          うちのバカ猫と一目で判る細かい書き込みは、短い期間で沢山の手間をかけてくれた事を感じます。

          また、パレットの持つ木目が背景としての深みを持ち、絵が立体的に感じてしまう程の奥行きを感じ、
          なるほどパレットアートは奥が深いなと感じました。

          DSC09492.jpg

          パレットアートの飾り方は、付属のスタンドでテーブルの上などに置けるのはもちろん、

          DSC09493.jpg

          後ろに付いた金具で壁に飾る事もできます。
          (うちは玄関横の壁に飾らせてもらう事にしました)

          他にもラフデッサンを印刷したポストカードも頂き、

          DSC09498.jpg

          本当に素敵な宝物が出来上がりました!


          今回の製作にかかった期間は写真を送ってから10日間、2週間かからないで手元に届きます。

          製作過程はお店のHPで公開してくれていたので、とても判り易く毎日連絡が来るのが楽しみな感じでした。

          あいの絵の製作過程

          各過程で画像を見ながらイメージを確認して、メールで確認しあう為メールのやり取りは案外行いますが、
          会って話したり、沢山の画像や動画を元に製作するよりは、負荷はまったく少ないと思います。

          それに、細かい事も色々聞いてくれて、愛情を持って作ってくれているのが感じられて、
          メールのやり取りもパレットの思い出にプラスされた感じです。


          パレットの裏側は何も書き込まれていません。
          これは、メモリアルな宝物成るように、受け取った後メッセージや思い出を書き込めるようにしているそうです。


          工房パレットアート」さんでは、ペットパレットアートだけでなく、

          DSC09499.jpg

          結婚式誕生日などに贈る、プレゼントになるパレットアートも描いてくれます。

          DSC09500.jpg

          この画像だと判り難いと思うので、詳しくは、

          工房パレットアート HP」か「工房パレットアート SHOP」で確認できます。


          今まで「あい」の写真は残してきたけど、メモリアル的な物は何も残していなかったので、
          「あい」との思い出をずっと取っておく事が出来る、本当に素敵な宝物を作って頂きました。

          皆さんも、小さな家族大きな家族の思い出を「パレットアート」にして残して見てはいかがですか?


          工房パレットアート HP

          工房パレットアート SHOP


          パイレーツ・オブ・カリビアンのイベントに行く(日テレ)

          0

            今日ちょっとした用事で日テレ方面に行ったので、前々から気になっていたイベントによってきた。

            新橋の駅を降りてちょっと歩くとすぐに、イベント告知ののぼりが現れました。

            主人公「バルボッサ」とライバル「ジャック・スパロウ」

            3.jpg


            1.jpg


            そしてイベント告知のポスターが見える頃には、周りになぞの海賊がちらほら

            海賊から「宝の地図」と言うことで受け取った紙には「スタンプラリー」の文字が!
            これはまた達成しなくては!と言う事でスタンプ探しをスタート。

            DSC09103.jpg


            DSC09104.jpg



            周りには、アンパンマン師匠の痛車(パン屋のディスプレー)や、ジブリのあれも有ったりと、それ目当ての人も多かった。

            DSC09102.jpg


            DSC09110.jpg


            パイレーツのポスターを見ながら(今回バルボッサは英国海軍に所属、さすが裏切りの達人!)

            DSC09108.jpg


            DSC09105.jpg


            DSC09107.jpg


            DSC09106.jpg



            適当に歩いたら、あっさりとスタンプコンプリート(達成感なし)

            DSC09111.jpg



            スタンプ集めてもらえたのは、ジャックのポスターでした。(家族は大喜び)

            まったく可愛さが判らないキャラクター「ダベア」

            かなり猫背で、背中にチャックまで付いてて、あふれだす邪気を感じる。

            DSC09113.jpg


            DSC09114.jpg



            そこから離れて見下ろすと、何かイベントをやってる。さっそくパイレーツの世界に戻る。

            DSC09116.jpg


            上から見ても判りにくかったが、近くで見たら「巨大黒ひげ」でグッズが当たるイベントらしいが、
            掛け声で「黒ひげど〜ん!」と叫ばないといけないらしい。
            さらに当たる景品にバルボッサは入っていない様だから、無理してやるものでもないな・・・

            DSC09109.jpg


            DSC09121.jpg



            ほらやっぱり、参加賞のポストカードしかもらえなかった!
            元気に「黒ひげど〜ん!」と叫んだのにな~



            恥ずかしさをポストカードに変えた後は、メインイベントであるパイレーツの世界の展示へ
            実際使われた装飾品や服が展示されてるらしい。
            でもって、説明出来るほど判ってないので写真まとめ貼りで回避。

            DSC09122.jpg


            DSC09123.jpg


            DSC09124.jpg


            DSC09125.jpg


            DSC09126.jpg


            DSC09128.jpg


            DSC09129.jpg


            DSC09130.jpg


            DSC09131.jpg


            DSC09132.jpg


            DSC09133.jpg


            DSC09135.jpg

            DSC09136.jpg


            DSC09137.jpg


            DSC09138.jpg


            DSC09139.jpg


            DSC09140.jpg


            DSC09141.jpg


            DSC09143.jpg


            DSC09144.jpg


            DSC09145.jpg

            展示はとても良いもので、もっとじっくり見たいと思いました。
            ただ、中に作られた「生命の泉」と名付けられた発泡スチロールの滝と、
            その滝つぼに放り込まれた小銭を見たときは、さすが日本だな~と有る意味感心した。

            このイベントも子供連れや友達と一緒なら十分楽しめる良いものでした。
            残念なことに今日5日が最終日だったので、ここを見た頃には終わってるわけです。

            それではやはり良くないので、5月20日公開される「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」の事を紹介して終わらせる。

            「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 (公式HP・映像と音が出るよ)

            ・キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ):自由を愛し、海を愛し、酒と女を心から愛する孤高の海賊。

            ・アンジェリカ(ペネロペ・クルス):かつてジャック・スパロウが愛した女海賊。

            ・黒ひげ(イアン・マクシェーン):冷酷で残虐、狂気を秘めた史上最恐の海賊。

            ・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ):ジャック・スパロウの宿敵、秘術によって甦った海賊バルボッサ。

            「新たなる海賊伝説へ、カウントダウンが始まる」

            英国海軍大尉に成ったバルボッサの活躍に乞うご期待!

            パイレーツ・オブ・カリビアン/ブルーレイ・トリロジー・セット (数量限定) [Blu-ray]



            | 1/2PAGES | >>